忍者ブログ
東京都渋谷区の歴史
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 渋谷区元代々木町23-11

 庚申塔・地蔵尊像
 中国道教の教えで、三尸説を母体とした複合信仰を庚申信仰といいます。人の体内には、上尸(首から上にいる)・中尸(腹中にいる)・下尸(足にいる)という三匹の虫がいるというものです。
 庚申の晩に人が眠ると、その虫が、身体から抜け出して天に昇り、天帝にその人の罪過を報告します。人は天帝の下す罰によって早死にしたり、病気になったりすると信じられていました。
 素朴な村びとたちは、庚申の夜になると当番の家に集まりお勤めをしたり、飲食や雑談をしたりしながら楽しく一夜を明かし、虫が体内からはい出さないように過ごしました。これを庚申待または庚申会といいました。
 渋谷区域にもこのグループがたくさんあり、これを庚申講といいました。その人びとが家内安全や五穀成就を祈って建てたのが庚申塔です。
 また地蔵講の人たちが、庚申塔のかたわらに地蔵尊像を建てて信仰していました。
 渋谷区教育委員会

 









PR


所在地 渋谷区元代々木町24-4

 田中地蔵尊
 「単価地蔵尊縁起」によると、元文3年(1738)10月、向井七左エ門が、五穀成就、庶民安楽、子供の延命を祈って、福泉寺寺領の田地に地蔵尊を安置したといわれています。その後、寛政2年(1790)に、奈良岡寺の観音像を模写し、各尊像の台座を新調して田中地蔵と呼びました。広い境内(敷地一畝約100平方メートル)に杉一本を植えて村びとたちの目標としました。毎年7月廿四日を縁日とし、この日には、農民や子どもたちが集まって祭典を行っていました。
 右の石仏が、如意輪観世音菩薩像
 中央の石仏が、鶏亀地蔵菩薩像
 左の石仏が、延命地蔵菩薩像
といわれています。
 左手前に、享保10年(1725)につくられた庚申塔が建っています。
 東京都渋谷区教育委員会



















 













忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性