忍者ブログ
東京都渋谷区の歴史
[97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 渋谷区広尾5-1-21 (祥雲寺)

東京都指定旧跡
 岡本玄冶墓
     昭和14年(1939)6月指定


 岡本玄治おかもとげんやは、江戸時代初期の医家。初名は宗什、のち諸品と改める。玄治は通称。天正15年(1587)京都に生まれた。16歳の時曲直瀬玄朔の門に入って医学を学び、玄朔門下第一の高弟と称された。慶長年間(1596~1615)伏見城で徳川家康に拝謁し、元和4年(1618)法眼に叙せられ、元和9年(1623)将軍秀忠に召されてその侍医となり、たびたびその病用に侍して効を収めた。寛永5年(1628)法印に叙せられ、啓迪院の称号を賜った。寛永10年(1633)・寛永14年(1637)には将軍家光の病を直し、千石の領地を得るにいたる。常に京都と江戸を往復し、元和9年(1623)日本橋人形町に屋敷を拝領した。幕末の嘉永6年(1853)に大当たりをとった歌舞伎狂言「与話情浮名横櫛」の舞台「源氏店」で有名になった玄冶店の名の起こりをなした。正保2年(1645)4月20日59歳で死去。著書に『燈火集』『玄冶配剤解』『玄冶方考』『通俗医海腰舟』『傷寒衆方規矩』などがある。      
 平成13年(2001)3月31日設置 東京都教育委員会                

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性