忍者ブログ
東京都渋谷区の歴史
[252] [253] [254] [255] [256] [257]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 渋谷区代々木神園町1-1 (明治神宮)

 明治神宮御苑
 明治天皇御製
  空蝉の代々木の里はしづかにて
   みやこのほかのここちこそすれ
 この御苑は江戸時代の初めから、大名加藤家、井伊家の下屋敷の庭園でありましたが、明治初年、皇室のご料地となり明治天皇の思召により、所々模様替えがなされ、昭憲皇太后には、たびたび行啓になられた由緒深い名苑であります。
 面積は約83,000平方米(2万5千坪余)で武蔵野特有の面影を残した苑内には、隔雲亭、御釣台、四阿、南池、菖蒲田、清正井などがあり、四季折々の眺めは誠に趣があり、殊に6月に咲き競う御祭神ご遺愛の花菖蒲の美しさは格別です。

    MEIJI JINGU GARDEN
 This Garden was originally a part of compounds of a daimyo yashiki (a feudal lord's mansion) owned by the Iis.Since the biginning of the Meiji Era(1868~) it became the Imperial estate and was put improvements into by the order of His Mafesty the Emperor Meiji.
 Her Mafesty the Empress Shoken as well as His Mafesty frequented this historic place.
 It spreads 83,000 wquare meters with the reminiscences of musashino fields.In it there are spots of interest such as Kakuuntei (a tea house),Otsuridai (a fishing platform),Azumaya (a resting huse),Minamiike (a pond), Shoduda (an iris field) and Kiyomasaido (a well),each of which never fail to attract you through the year whenever  you visit,espesially at the changes of the four seasons.Among the glamorous groups of flower,irises in June is the bes to observe,which the late Her Majesty cherished a deep affection for.




PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性